tjtjtjのメモ

自分のためのメモです。誰かの役には立ちません。

kubernetes 学習 taints tolerations その2

pod でなく deployment で taints/tolerations を試す。 確認 $ kubectl describe node kb1 Taints: node-role.kubernetes.io/master:NoSchedule $ kubectl describe node kb2 Taints: <none> $ kubectl describe node kb3 Taints: <none> テキトーな deployment.yaml ng</none></none>…

kubernetes 学習 taints tolerations

coredns が起動しないのを taints tolerations のせいかと勘違いしちょっといじったが違った。今回はちゃんと taints tolerations 試す。 ありがたい資料 Taints and Tolerations https://kubernetes.io/docs/concepts/configuration/taint-and-toleration/ …

kubernetes 学習 クラスタ作り直し

knative 試してたらグッチャグッチャになったので、クラスタを再構築したメモ。 マスターでワーカーノードを削除 $ kubectl get node NAME STATUS ROLES AGE VERSION kb1 Ready master 14d v1.13.2 kb2 Ready <none> 13d v1.13.2 kb3 Ready <none> 13d v1.13.2 $ kubectl</none></none>…

Kubernetes 学習 Performing a Rolling Update を自前クラスタで復習

Performing a Rolling Update https://kubernetes.io/docs/tutorials/kubernetes-basics/update/update-intro/ 前回の続きを確認 $ kubectl get nodes NAME STATUS ROLES AGE VERSION kb1 Ready master 10d v1.13.2 kb2 Ready <none> 10d v1.13.2 kb3 Ready <none> 10d v</none></none>…

Kubernetes 学習 Scale Your App を自前クラスタで復習

Scale Your App https://kubernetes.io/docs/tutorials/kubernetes-basics/scale/scale-intro/ チュートリアルの準備 $ kubectl get nodes NAME STATUS ROLES AGE VERSION kb1 Ready master 10d v1.13.2 kb2 Ready <none> 10d v1.13.2 kb3 Ready <none> 10d v1.13.2 $ ku</none></none>…

Kubernetes 学習 Interactive Tutorial

Interactive Tutorial で投入した kubectl コマンドをメモ Scale Your App https://kubernetes.io/docs/tutorials/kubernetes-basics/scale/scale-intro/ $ kubectl get deployments deployments の確認 $ kubectl get pods pods の確認 $ kubectl scale dep…

kubernetes 学習 nginx pod 作成

kb1 nginx pod 作成 $ kubectl get pods No resources found. $ kubectl run nginx --image=nginx:1.15.8 kubectl run --generator=deployment/apps.v1 is DEPRECATED and will be removed in a future version. Use kubectl run --generator=run-pod/v1 or …

minikube いらんかった

長いことwindows+hyprevにminikube入れようと格闘していた。思い出した。やりたいのは minikube のインストールでなく Kubernetes だった。そういえば、前に rancher で環境構築とか、素でk8s 構築とかやってたんだった。そこで勉強したらええやn。 https:/…

さくらのナレッジ minikube

さくらのナレッジをやってみるシリーズ。今回は minikube 簡単にローカルKubernetes環境を構築できるツール「Minikube」 https://knowledge.sakura.ad.jp/15320/ 準備 vurtualbox kubectl https://kubernetes.io/docs/tasks/tools/install-kubectl/#install-…

knative のインストール 失敗

どのクラウドでも使えるサーバレス「GitLab Serverless」をGitLabが発表。KubernetesとKnativeがベース https://www.publickey1.jp/blog/18/gitlab_serverlessgitlabkubernetesknative.htmlKnativeをベースにしたサーバレス環境「Pivotal Function Service」…

jjug_ccc fall メモに行ってきたメモ

■ ドメイン駆動設計とSpring Bootを活用したアプリケーション開発 zhanponさん https://speakerdeck.com/zhanpon/ddd-and-spring-boot #ccc_l1b なにがドメインか? ドメインはシンプルだった ドメインと永続化?アプリケーション?を分離 分離してよかった経…

素のPHPでさくらのオブジェクトストレージをlistobject

前回AWS-SDKを使ったが、素のPHPだとどうなるか試した。 やったこと Fiddlerでリクエストを確認 AWS 署名V2を調べた 素のPHPでListObject Fiddlerでリクエストを確認 FiddlerでCloudBerryのリクエストをとった。 GET /<<バケット>>?prefix=&max-keys=1000&de…

さくらのオブジェクトストレージをAWS SDK for PHP 2で

php

PHPからさくらのオブジェクトストレージを利用したくなり、AWS SDKを使えるか試したときのメモ。 AWS SDK for PHP v2 を使った。 list objects composer.json { "require": { "aws/aws-sdk-php": "2.*" } } list_objects.php '<<アクセスキー>>', 'secret' …

Beckyのフォルダ名変更はどうなんだろう

Beckyでアクティブフォルダをクリックすると、フォルダ名変更になる。 気付かずスペース(未読メール読み)をタイプすると、フォルダ名を喪失してしまい、アンインストールを考える。 ちげーよ変更したいんじゃない、選択中のフォルダを再クリックしただけなん…

3項演算子が読みにくいとか難しいとか

3行で書けばいいじゃない。 String s = (condition) ? "hoge" : "piyo";

PlayFramework2.1.3(Java)+JPA 使ってみる #3

play2.1(Java)でJPAを使ってみたメモの続き。UnitTestできるようになったので、UnitTestを書いてみる。DDLはJPAにやらせるので、evolution はパスで。 フィスクチャ注入 play1の play.test.Fixtures みたいのは Ebeanにはある。junit 上で投入してないけど。…

PlayFramework2.1.3(Java) テスト0件問題を回避

play2.1.3(java)で UnitTestができない問題。Play 2.1.3にするとJava版のテストが0件になる事案が発生し、MLでもあった模様 『Play 2.1.3 released https://t.co/6Ie7qdyB5Z— Kazuhiro Hara(Legen) (@kara_d) 2013, 8月 7Play 2.1.3 Javaでテスト0件な問題は…

PlayFramework2.1.3(Java)+JPA 使ってみる #2

play2.1(Java)でJPAを使ってみたメモの続き。 コントローラーから検証#1 UnitTestをあきらめて、コントローラーからDBアクセスを検証してみる。app/controllers/Application.java public class Application extends Controller { public static Result tests…

PlayFramework2.1.3(Java)+JPA 使ってみる #1

Play 2.x RoadmapによるとPlayFramework2.3(Java)では、EBeanでなくJPAが推奨されるようです。職場ではplay1を使っているが、play2でJPAを使えるなら移行しやすいかもしれない。2.3を待たずPlayFramework2.1.3(Java)+JPAでどれだけやれるか試そう。と思った…

Yiiでも中間テーブルにアクセスしたい

またこのネタです。YiiFrameworkのCManyManyRelationは中間テーブルへのアクセスをサポートしていません。ならばオレオレリレーションによってそれを可能にしてみます。前エントリのまとめと反するのですが、まあ、あそびばってことで。 実現のためにCJoinEl…

Yiiで中間テーブルに属性を持たせたいときはHasMany, BelongsToを使う

YiiFrameworkのCManyManyRelationは中間テーブルへのアクセス手段を用意してくれません。なので、中間テーブルに属性を持たせたいときはHasManyとBelongsToを使うのが、今のところエレガントな解決方法のようです。 http://www.yiiframework.com/wiki/285/ac…

laravelのpivotいいなと思ったの巻

yii ActiveRecord の弱点 yii ActiveRecord は、many-manyの中間テーブルに属性を付けにくい弱点があります。たとえばこんな問題とか。 Accessing data in a join table with the related models いまだにキレイな解決方法がない。と思う。ほんとにないの? …

laravel はじめました

公式ドキュメントを購入したのは先月だったか。ようやくはじめた。 はじめて書いたコード 見よう見まねで書いたログインフォームがこれ。 action_login と action_dologin で同じものをviewに渡そうとゴニョゴニョしていますね。controllers/auth.php ''); …

play1.2をJavassistで改造してみた

先日の第3回PlayFramework勉強会でこんなことを考えた。 play1系はメンテナンスモードか、今後の更新はあまり期待できないな、じゃあJavassistで改造すればいいか。普通に考えると、自分でPlayFrameworkをビルドしろってことでしょうが、当日は道に迷ったせ…

play1.2系の自作プラグイン

PlayFrameworkといえばトレンドはplay2.0なのでしょうが、うちはまだplay1.2系です。play1.2系で自作プラグインを作ってみました。 plugins.MyPlugin 作成 play.PlayPluginをextends onなんたらをOverride パッケージは適当に package plugins; import play.…

PHPTALのカスタムモディファイア if, eq を作ってみた

PHPTALと格闘すること数日。PHPTALにはif文っぽい表現をするにはPHPモディファイアを使わざるをえないことに悩みました。 condとeqがあればいいのに。なぜだろう。これが TAL-way なのか。でも欲しい。PHPモディファイアは使いたくない。でも。でも。。。 ん…

YiiFrameworkでPHPTALしてみた

PHPTALやってみようかと思ったので、YiiFrameworkで動くPHPTALViewRenderer作ってみた。 インストール PHPTAL phptalとかgithubからzipをダウンロードし解凍し、classes ディレクトリ下の PHPTALディレクトリと PHPTAL.phpを prorected/vendor/PHPTAL へコピ…

yiiのアクセス制御を学ぶ yii-rightsを導入するの巻

前エントリのロール管理はこれでもロール管理かという代物でした。今回はyii-rightsを使いGUIで管理できるようにします。blogデモにyii-rightsを組み込んだソースやデモも用意されている。手っ取り早く確認したいならはここから。 導入 とりあえずドキュメン…

yiiのアクセス制御を学ぶ アクションで権限チェックしないの巻

前エントリで触れなかったupdateOwnPost関連のアクセス制御について。アクションに書いてしまいがちな権限チェックをフィルタに書いてアクションをシンプルに保っていきたい。 パラメータ付き権限アイテム ここの図でupdateOwnPostを再確認する。updateOwnPo…

yiiのアクセス制御を学ぶ CDbAuthManager導入の巻

ロールベースアクセスコントロール(RBAC)を導入するのは面倒で後回しにしてきました。ロールのデザイン、ロール管理の実装、ユーザー管理の実装、権限付与の実装には時間がかかりそうで躊躇してしまうのです。そこでこれらをできる限り省略してRBACを導入す…